ALL JA8コンテスト

 

2018 ALL JA8 コンテスト 開 催 要 項 


多数の皆様の参加をお待ちしております。


ご注意ください*

電子ログによる書類の提出方法が変更になりました。要項の10及び11でご確認ください。

JARLホームページで記載があります通り、7MHz帯などのLSBを使用する周波数帯においてはバンドエッジでの運用にご注意いただき7.063MHzからの運用をお願いいたします。

2010年4月から、北海道では市庁の名称が「振興局」に変わりました。このため、当地方本部では、支庁ナンバーを「振興局ナンバー」に読み替えます。また、幌加内町は上川振興局へ、幌延町は宗谷振興局へ移っております。



 1 日   時

  6月23日(土)21:00 ~ 24日(日)21:00


 2 参 加 資 格

  国内アマチュア局とSWL


 3 使用周波数

  JARL主催コンテスト使用周波数帯による

 

 4 参加部門・種目

   〈部門〉 ①電信  ②電信電話(電話のみも含む)

   〈種目〉 ①シングルオペレーターマルチバンド

        ②シングルオペレーターシングルバンド 

        ③マルチオペレーターマルチバンド

        ④SWLマルチバンド

        個人局と社団局の区分けはありません


 5 呼   出

  電信「CQ JA8 TEST」 電話「CQ JA8コンテスト」


 6 コンテストナンバー交換 

  道内局: RS(T)によるシグナルレポート+自局の運用場所を示す北海道振興局ナンバー

       +年代別符号

   道外局: RS(T)によるシグナルレポート+自局の運用場所を示す都府県ナンバー

       +年代別符号


    道内局の例)  電話: 59106A     電信: 599106D  

    道外局の例)  電話: 5910A      電信: 59910D



 <年代別符号>

 (年齢=符号=得点)… (~19歳=A=1),(20~29歳=B=2),(30~39歳=C=3),(40~49歳=D=4),

            (50~59歳=E=5),(60~69歳=F=6),(70~79歳=G=7), (80~89歳=H=8),

            (90~99歳=I=9),(100歳~=J=10),(マルチオペレーター=M=1) ,(YL=Y=5)


 7 交信上の注意事項

  ①北海道内で運用する局は、国内アマチュア局との交信が有効

  ②北海道外で運用する局は北海道内で運用する局との交信が有効 

  ③その他交信上の禁止事項はJARLコンテスト規約による。


 8 得点およびマルチプライヤー 

  ①得点は完全な交信により得た年代別符号に対応する数値とする。 

  ②都府県・振興局ナンバーの数をマルチプライヤーとするが同一バンド内での重複は認めな

   い。

  ③年代別符号はマルチプライヤーとならないので混同しないこと。


 9 総得点の計算方法 

  ①シングルバンド:
  (当核バンドにおける得点の和)×(そのバンドで得たマルチプライヤーの和)

  ②マルチバンド:(各バンドにおける得点の総和)×(各バンドで得たマルチプライヤーの

          和)

  ③SWL: ②の計算とする


10 書類の作成と提出方法

  ・Webによる電子ログ提出 または 郵送

   集計作業の軽減と誤りの防止のため,電子ログ提出にご協力ください。

  ・電子ログ提出の場合は,JARL規定の電子ログフォーマット(R2.0)に従いファイルを作成

  のこと。

  ・マルチオペレーターは、オペレーター氏名と無線従事者免許証番号を備考欄に記載。
  または、一覧表を添付のこと。

  ・郵送の場合は,サマリーシートとログシートは必ずA4サイズで用紙左上を一カ所ホッチキ

  スまたは糊により留めること。


11 書類提出先

  電子ログ提出の場合:

    JARL北海道地方本部のホームページ(http://www.jarl.com/hokkaido)に,ログ提出

   専用サイトへのリンクを掲載します。リンク先にある指示に従って、JARL規定の電子デー

   タフォーマット(R2.0)で作成したデータを入力して提出してください。


  郵送の場合:

    〒082-0051 北海道河西郡芽室町東1条南7丁目5−8
           正村琢磨方 JARL北海道地方本部 宛


12 提出締め切り 

  平成30年7月31日(郵送の場合は消印有効)


13 表  彰 

  ①道内局と道外局に区別して、各部門・種別に参加局数に応じ賞状を贈る。

   ○10局以下1位のみ、○11~20局2位まで、○21~30局3位まで、○31局以上5位まで   

     ②144MHz以上各部門・種目のうち道外局の書類提出局にはコ-ルエリアの第1位の局に賞状

  を贈る。ただし①の賞状を贈る局には発行しない。


14 失格事項

  ①提出書類がJARL制定のものでない、または同形式のものを使用しないもの。

  ②提出書類が不備なもの。

  ③2部門、または、2種目以上に書類提出をしたもの。 

  ④そのほか、JARLのコンテスト規約に準じる。


15 発  表 

  結果の発表は、JN冬号と北海道地方本部ホームページに掲載予定。


16 部門および種目のコ-ドナンバ-

  部門・種目ごとに以下のコ-ドナンバ-をそれぞれ記入すること

17 振興局ナンバー

  宗谷101 留萌102 上川103 オホーツク(旧網走)104 空知105 石狩106 

  根室107 後志108 十勝109 釧路110 日高111 胆振112 檜山113 渡島114


18 その他

  札幌市は石狩。沖ノ鳥島、南鳥島、硫黄島は小笠原の区域とします。

  他エリア局の北海道での移動運用は「道内局」として認めます。

  コンテストやログ提出に関するお問い合わせは,allja8@jarl.com宛へお願いいたします。

ALL JA8コンテストログ

提出受付システムはこちらです。

http://allja8.jarl.hokkaido.jp