2007年度 石狩後志支部コンテストログ受付状況
各局提出ありがとうございます。次回、来年度のコンテストでは大幅な規約改訂を考えております。どんなに長文になっても構いませんので次回に向けた熱のこもったご意見、今回の熱のこもったご感想をよろしくお願いいたします。
改訂を強く望むお便りを既に数通いただいております。全ての方の全てのアドバイスを安易に取り入れることは難しいですがじっくり検討させていただきます。

2007/06/03付

JA1KPF JK8SBF JH6KDY JA1HLR JH3PTC/3 JR5GWR JE8FGQ/1 JE8BCJ
2007/06/04付
JR8ROI/8 7N2UQC JA1XEM JE1UKM 7L3EBJ/QRP JQ6PAQ/1 JF1KWG
JE1MPR JR8MCR JA5CQH/4 JG0IPW JA3RAZ
2007/06/05付
JA3HC JA3JM JA2NNF JA8CJY JG1RRU JG1FMA
2007/06/06付
JE4GJV JA1AAT JR2TRC JJ3TTH JH7PSL JA1XPU JK2PVL JH1MTR/4
JA8DEB JA8LN JL7FBV/7 JI8XLD JR1CJD/1
2007/06/07付
JA3KRN JA1DHL JG2REJ JA8QLN JA3AA JH4JUK JH4EZE JR4FLW/4 JA8EJO

2007/06/08付
JA0GZ JA8UO JA6FOF/6
2007/06/09付
JH8CBH JH0QYS JA8DJY JH1NXU JI8KXC JA8DFK JL8OHS

2007/06/10付
JA8YKU JK8CFM/8
2007/06/11付
JK8RAI JA0GSG JG1GCO

2007/06/12付
JI8DGO
2007/06/13付
JA8DIM JI1IIF
2007/06/15付
JE8KQR JR8WTD JH8UJI JL8PDC
2007/06/16付
JL8LQY JK3HFN
2007/06/17付
JA8DKJ JJ4MAI/4 JQ2CZJ JA8OUZ JR8ALJ
2007/06/19付
JA9XAT
2007/06/20付
JF8DSO
2007/06/21付
JI8PLG JK8SQQ JF1VKY
2007/06/22付
JR8YFA JA8DHV JJ8GFL/1 JA7LRR JF8DSN JA7AEM
2007/06/23付(23日付け消印郵便物を含む)
JO7FGZ/1 JN4PMO/4


2007年度 石狩後志支部コンテスト規約


日時
6月2日(土)21:00〜6月3日(日)21:00

参加資格
国内のアマチュア無線局及びSWL局

使用周波数帯
3.5/7/14/21/28/50/144/430/1200MHz(JARLコンテスト周波数帯による運用が望ましい)

参加部門・種目
(1)個人局電信シングルバンド
(2)個人局電信マルチバンド
(3)個人局電信電話シングルバンド
(4)個人局電信電話マルチバンド
(5)個人局ジュニアマルチバンド
(6)社団局マルチバンド
(7)SWLマルチバンド
(それぞれの部門・種目とも、支部管内局、管外局別とし、電信電話部門には電話のみの場合を含む。ジュニアは高校生までとし、書類提出者はサマリーシートの意見欄に学校名と学年を明記すること。ジュニア、社団局及びSWLはマルチバンドのみとし、シングルバンドとの区別はしない。)

呼出方法
電信:「CQ ISB TEST」、電話:「CQ 石狩後志支部コンテスト」
なお、同時開催中のデジタルQSOパーティーの呼出方法「CQ DQP」、「CQ デジタルQSOパーティー」も可とする)


コンテストナンバー
管内局:RS(T)+自局の運用場所を示す7桁の郵便番号
管外局:RS(T)+自局の運用場所を示す7桁の郵便番号

得点
管内局は、全国のアマチュア局との完全な交信を1点。
管外局は、石狩後志支部管内局との完全な交信を1点とする。
SWLは、ログシートの送信欄・受信欄の呼出符号が完全な受信を1点とする。
同一バンド内での重複交信(SWL局は同一局の

2回以上の受信)は、1交信を除いては電波形式が異なっていても得点にならない。

マルチプライヤー
管内局:全国全ての7桁の郵便番号
管外局:石狩後志支部管内の全ての7桁の郵便番号

ただし、バンドが異なれば同一マルチでもマルチとして計上。

郵便番号簿のダウンロード http://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/oogaki.html

総得点
シングルバンド:(当該バンドにおける得点の和)×(当該バンドで得たマルチの和)
マルチバンド・SWL:(各バンドにおける得点の総和)×(各バンドで得たマルチの和)

書類提出
JARL制定サマリー・ログまたは同形式の物を使用。同一バンド内で200局以上交信した場合は、エリア順にコールサインを順序よく記したチェックリストを添付
電子ログ(E-mail)の場合は、JARLの提出方式と同一とする。

サリーシートに記載される個人情報についてはコンテストの管理、表彰などコンテストに関連する業務以外には使いません。 その事項に納得された方のみサマリーシート、Logを提出されるようお願いいたします。


提出先
〒062-0934 札幌市豊平区平岸4条6丁目4番4号405
        石狩後志支部コンテスト係 岡田 壮弘宛

電子ログ(E-mail)の場合:jk8cfm@jarl.com

ログ提出局のリストは随時ホームページにて掲載いたします。また電子ログ提出局、及びサマリーシートに電子メールアドレスが記載されている場合は受理した旨のメールをお送りします。

締切
6月23日(消印有効)

表彰
管内局と管外局に区別し、各部門・種目の提出局に応じて表彰。9月に開催予定の支部大会で結果発表及び表彰また、JN、支部ホームページ でも結果発表。各部門のログ提出局数が
1〜5局=1位のみ、6〜10局=2位まで、11局以上=3位まで。管内入賞局は、1位には賞状と楯、2位、3位には賞状を、管外入賞局には賞状を進呈。なお、同一得点の場合は、交信終了時間の早い方を上位とする。

参加証 コンテストの結果及びコメント集
参加証希望局は、QSLカード転送と一緒に発送する。 参加証郵送希望局は、自局の住所、氏名、ールサインを記載し、90円切手を貼った長形3号のサイズの返信用封筒(SASE)とサマリーシートの意見欄に希望する物(参加証)を明記すること。参加証郵送希望の場合は、その旨も明記のこと。また、コンテスト結果及びコメント集は支部HPに掲載するが、郵送希望の場合はSASEを同封し、サマリーシートの意見欄にその旨を明記すること。バッジについては諸事情により、今年から廃止する。


連続参加達成賞
コンテストに連続して5回参加した局には、連続参加達成賞(賞状)を進呈する。希望局は、2001年度より発行の参加証による連続4年分のコピー、送料として120円分の切手、加えて送料とは別に50円切手1枚を書類に同封すること。サマリーシートの意見欄に連続参加達成賞希望と明記すること。なお、参加証、コンテスト結果及びコメント集の郵送を併せて希望する局は連続参加達成賞と一緒に発送するのでSASEの同封は不要とし、50円切手を2枚とする。


失格事項
クロスバンドレピータによる交信、同一局の2部門・2種目以上の書類提出、期間中の運用地点の変更、2波以上の電波の同時発射(社団局の場合を除く)、局免所有者のSWL種目への参加、同一バンドにおける重複交信が1%を越え、かつその重複交信を得点としていること、その他JARLのコンテスト規約に準じる。

管内登録クラブ対抗
石狩後志支部管内の登録クラブに所属する局で、登録クラブ対抗部門に参加しようとする局は、サマリーシートの登録クラブ対抗欄に登録クラブ番号と登録クラブ名称を記入すること。登録クラブ毎に集計し、上位クラブは表彰する。



CopyRight 2006-2008 JARL Ishikari-Shiribeshi Branch
2007年度石狩後志支部コンテスト規約およびログ受付状況