e-QSL

電子QSLカードについて

JL3OXR

西宮クラブ会報 (2003 年 9 月) より転載

唐突ですが、ハムフェアに行ってきました。 目的はN7NG Wayne Mills のLogbook of The World (LOTW)についての講演を聴くため。 でも案の定、寝坊して肝心の講演に間に合いませんでした! まぁそう言うわけで話が終わってしまいそうですが、 電子QSLの最近の状況と傾向と対策について少し書かせていただきます。

電子QSLというと海外大手のeQSL.ccや 日本発のQSO bankが有名です。 何度か雑誌でも取り上げられたことがあり、 クラブ員の中でも使ったことのある方もおられるんじゃないでしょうか。

QSO bankの特徴はユーザがアップロードしたQSOデータを 突き合わせ処理によって認証することにあると思います。 つまり第三者であるQSO bankがQSOを証明するということが斬新だったわけです。 またQSO bankに集められた膨大なQSOデータを解析することで、 いろいろと面白い切り口が見られます。 現在 (編注:執筆時点で) はサーバ負荷のためお休みしていますが、 例えばJCC/JCGアクティブリストはその市(または郡)から 最後にQRVがあったのはいつかという情報を教えてくれます。 アワードハンターや移動運用が大好きな人には貴重な情報ですね。 もちろん電子QSLというからには、カード交換のような要素、 つまりQSLカードの画像ファイルを交換する機能も持っていますが、 私に言わせれば、むしろこれは付帯的なサービスでしょう。 またこれも特徴というべきでしょうか、日本発のシステムであり、 ユーザは現状ほとんど日本人です。

一方でeQSL.ccは従来のカード交換のスタイルに近いシステムです。 システムに参加しなくても、あなた宛に届いた電子QSL(の画像ファイル)を 受け取ることができます。 また独自の電子アワードの整備にも熱心で、DXCCやWASの電子QSL版がすでにあり、 今度はGLを使った電子アワードも作られるようです。 サイトには日本語の説明もあって、日本の局も結構、参加しています。 参考までに8月時点での私のCFM状況を紹介しますと、 2090QSOのデータをアップロードして177QSO39エンティティのCFMがあります。 面白いことにCWは1126QSOをアップロードして50QSOがCFM、 RTTYは791QSOをアップロードして111QSOがCFM、 とRTTYのCFM率が圧倒的に高いです。 これはeQSL.ccのデータのアップロード形式がADIFというRTTYのソフトが 発祥のフォーマットを使っているからでしょうか。

フォーマットに関してみれば、QSO bankではHAMLOG、ZLOG、 ログ太郎のパパといった国内の主要なログソフトの形式がほとんど網羅されています。 もちろんADIFでのアップロードも受け付けてくれます。 しかしCFMの割合で言うと、2638QSOのデータをアップロードして 132QSOをCFM、そのうちRTTYのQSOはなんとたったの1件でした。 まぁもともとRTTYでは国内のQSOに熱心ではないこともありますが、 非常に対照的な結果だと思いませんか?

次は最初にも触れたLOTWです。 これはARRLが主導していることからも分かるとおり、 DXCCアワードと密接に結びついていて、 カード交換を電子化したというよりは交信事実を認証することに 特化したシステムです。 アイデア自体はQSO bankのそれと同じで、QSO bankの方が ずいぶんと先行していたのですが…。 QSO bankがある意味、国内向けに特化して、 それに伴いカード交換の要素に重点を置いてしまったため メジャーになれなかったのはユーザの一人として残念です。 海外向けのPRも不足だったですかね。

さて、それはさておき、今年の5月からいよいよLOTWのテスト運用が始まりました (編注:LOTW は2003年9月をもって本運用に入りました)。 ユーザは専用のソフトで署名したQSOデータをアップロードして、 それらのデータを突き合わせ照合した結果をDXCC申請に使えます。 受け付けるデータフォーマットはADIFか コンテストのログ提出で使われているCabrilloです。 LOTWが本格的に稼動すると恐らくeQSL.ccにアップロードされているデータの ほとんどがLOTWに流れることでしょう。 ただ、カード交換のような要素はLOTWにはないのでeQSL.ccと それなりに両立するのではないでしょうか。 またCabrilloもサポートされることで、 元々カード交換に熱心ではなかったコンテストフリーク達からの CFM率も高くなると思われます。 いずれにしてもeQSL.ccでの実績から考えると、RTTYのCFM率はかなり高いでしょう。 みなさんRTTYにQRVしましょう!


トップページにもどります