ZKN NEWS  No8 クラブ報(昭和54年6)

雑木林

 6月発刊も間近か、自分のコマーシャルも多忙である、会長としての責務も果たしたい、また隣組の世話もあれこれ勤めからかえりホットしているとTELがジャンジャン、年は取るし人は年を取るとのんびりできると言うが? 最近、働き中毒という言葉が流行している、日本人のよき所でもあり悪くもあり、外国人はそんな風に見ている。 ZKNの会員諸君は如何? 今少しレジャーを考えてみたい。 そして残り少ない人生をたのしみたいと40過ぎの壮年がぼやいている。 注 これは会長の事ではありません、誰かが勝手に会長の立場になって自分がもしそうなったら思うだろうと・・・会長席が空白でしたので埋めました。

福岡県監査指導委員会よりのお知らせ JA6TW

 可聴周波数によるモールス信号をマイクロホンで集音して変調し送信する場合の伝送型式は「A2」となる。 A)電鍵操作によるモールス符号発信機(可聴音)をスピーカーより音響として出し、これをマイクロホンで集音して変調したとき。B)録音してあるモールス信号を磁気テープ再生機で再生し、そのスピーカーより音響として出し、これをマイクロホンで集音して変調したとき。C)口笛またはたの笛などによりモールス符号を音響として出し、これをマイクロホンで集音して変調したとき。D) AB)をマイクロホンで集音せずに音響発生器を直接送信機の音声入力端子に接続して変調したとき。 

回答 九州電波管理陸上部私設課 

 送信装置のマイクロホンを通じ、オッシレーターの電鍵操作または録音機等によりモールス符号を連続的に送信すると出力波形はA2またはF2になるので指定外電波型式使用(法第53条違反)となる。 無線電話の局においては注意喚起信号、犯罪識別信号、時報またはダイヤル、インパルスを送信すること、あるいは放送ドラマ中においてモールス符号を短時間送信することは概念的な意義を表したものであり、あるいは時報を指示するためのもの等であり、これらの使用時間はきわめて短時間で無視しうる程度のものであるから、モールス符号を連続的に送信することを容認するものではない。 従って、電話級アマチュア無線技士がこれを操作することは資格外操作(法第39条違反)となる。

ZKN技術班の事業計画について JA6ACZ

 技術班の重責を仰せつかり早1年経過しました。 昨年度の経過報告を簡単に書かせて頂きますと次の5項目に集約できます。

1)4月 ZKNアンテナの再調整

2)8月 フィールドデーコンテスト参加(全国48位)

3)11月 ZKNアンテナ修理

4)3月 福岡県支部「ハムの集い」のFOXハンティングを担当

5)4月 未発行QSLの発行

他にCW講習会の計画があったが、JARL福岡県支部として144.38MHZで二期にわたり電信級および2級を対象とした練習文を定期的に送信するなどの計画がありこれに代えました。 また、12月の前原商工祭参加でZKNPR運用が悪天候で実施できなく残念でした。 さて、今年度の主眼を何処に置くかが課題ですが、総会や技術ミーティングで要望されたように、クラブ員全員が参加できる容易な内容で製作技術や通信術の向上を図りたいと思っています。 アマチュア無線家の技術レベルは広範囲ですが初歩の人でも簡単に取り組めるHF,VHFのプリアンプ製作を試みては如何でしょう。 回路図は次に示すようにFET1石と少々の部品で構成され、未経験者でも1時間で完成できます。 このプリアンプは約20dBの利得がありノイズするすれの信号がSメーターにして3〜4まで上昇します。 費用は大体2000円ですがなるべく安価にできるようにクラブで部品を用意します。 クラブ員の通信術の向上を図るために「オールアジアコンテスト」に参加したいと考えています。電話部門616日19:00−30時間、電信部門 825日19:00−30時間、クラブをアワードで飾りましょう。

言いたい放題 JR6GXQ 

 また善良な国民を巻き添えにした春闘=交通ゼネストをおっぱじめて、これほど国民をバカにしたことがあるものか、単にストライキとは経営者側は何か要求を飲ませる組合側の手段だと考えれば、経営者側に何かの損害を与えればいいのであって電車、バスを止めて国民の足を奪おうことが

戦術ではあるまい。 100kでも1000kでも只で乗せればよい。 親方日の丸の国鉄は絶対つぶれることはないと傍若無人に振舞っているが72時間といわず1ヶ月でも2ヶ月でもストをやり一度ぶっ潰して入札でもしてホッテントットにでも経営をまかせては如何。 結局は公労委なる行司が出てきてシャンシャン手打ち、結果は運賃値上げ、物価上昇、インフレと毎年の悪循環、次いでガソリンが上がったり最近腹がたつことが多すぎる。 せめて身近にあるハムでも一生懸命やってみることにした。