【 支部長挨拶 】

平成30年6月

JARL山形県支部長 JE7MNS 澁谷信行

はじめまして、今年度より山形県支部長として就任しますJE7MNS澁谷信行です。

県内のアマチュア無線局の皆様には知らない方々がたくさんいることと思いますが、よろしくお願いいたします。

前支部長JA7OV高橋様からご協力をいただき、支部の役員を平成12年から18年・JARL東北社員・電波適正利用推進員を歴任し、また、無線局を開局してからクラブ代表として30数年・「第4、3級」養成課程講師を30数年と地域発展やクラブ・支部事業の発展のため奮闘してきました。 私が無線局として頑張ってきた年数とかさなります。

そんな中、支部長選へのご協力依頼を受け今回JARL山形県支部部長として、皆様のご支持を得て当選しましたご支援にご期待できるよう頑張ります。

現在全国で無線局を開局している人が2016年3月末43万6千人(ピーク時)もいたのに、2018年3月末では42万7千人と9000人減と会員の数が減少しています。

開局数はいるのに、JARL会員なる人が少ない現状です。県内も会員・登録クラブは減少と下降をたどっています。 開局者がいるのに会員になる人が年々下降をたどっています。

会員の方々・登録クラブの皆様の協力を得て底辺拡大の会員増を図ることが大きな課題となっています。
また、無線業界資料等を見ていても新しいことばかりが多く出てきて私自身新しいものについていくことの厳しさを感じています。

会員のOMさんには、知識の豊富な方が数多くいる中で支部運営をすることとなります。数多くの知識を吸収しながら「支部の活性化」「会員のための支部づくり」に取り組み、アマチュア無線の充実・発展に向けて会員の皆様が思う存分に活躍できる環境の場を提供するいままでにない新しい支部づくりにしたいと思っています。

と思いはあるものの、ポジュテブな考えで右も左もわからない状況の中、自分自身にできることをめざして頑張っていきたいと思います。 これからも皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いします。

<会員増強企画協力のお願い>
JARL山形県支部では、昨年実施しました会員増強企画を、今年も4月から9月まで実施することにしました

JARL会員の新規入会を主に継続会員の増強運動を実施します

1新規入会者  各クラブ1名の新会員を募集する

2現会員の継続会費を支部経由で手続きを行う(企画評価加算)
  • 現会員とは、正員・ライフメンバー・準員・家族会員・社団会員を含む
3会費取りまとめ期間、場所(納付書または振込用紙を添えてください)
  • 6月10日 クラブ代表者会議会場 (4月〜8月会費切れの方  6月代表者会議会場で受付)
  • 9月 1日 東根市ハムの集い会場 (9月以降会費切れの方   9月ハムの集い会場で受付)
  • 4月1日〜9月30日の期間中、各月末にクラブ受付分を支部で集計
  • 会員の有効期間により、上記取りまとめ場所以外にクラブで取りまとめた分は、随時支部で受け付けます
4会費 (入会金、振込手数料は不要)
  • 正員/準員    会費    1年  7,200円  3年  20,400円
  • ライフメンバー  会費    1年  7,200円  3年  20,400円
  • 転送手数料          1年  3,600円
  • 社団会員     会費    1年 10,800円  3年  30,600円
  • 家族会員     会費    1年  3,600円