このページは投稿頂いた 山形県内のアマチュア無線に関するニュースや話題を掲載しています


「JR7WS 開局記念D-STAR講習会開催」


去る11月19日雪の降る中、南陽市の防災センターにおいてICOM(株)さんにおいでいただきD-STARの講習会を開催しました。
悪天候にもかかわらず地元置賜地区はもとより、山形、天童、庄内の他宮城や福島からの参加もあり、20名を超え盛会になりました。
JR7WS管理団体代表のJA7FSPの挨拶に続きJARL山形県支部長JA7OVさんからのご挨拶をいただきました。
話は立派な資料を基に、デジタル通信方式の概要、D-STAR利用の方法や注意点等を詳しく説明していただき、小学生から70代の方まで熱心にメモを取りながら受講しました。

その後質疑応答を行いました。また参加者の自己紹介を行い日ごろ交信している方とのアイボールQSOを楽しみました。

その他会場では、レピータリストの書き換えも行い、全員のリグに「山形高畠」のレピータがセットされました。
終了後のアンケートでは、デジタル機を持っているがまだデジタルモードでQSOした事が無い方もおられ、今回の講習をきっかけにオンエアするとの事でした。
すでにD-STARを楽しんでいる局からは県内各地区にレピータがあって相互に交信できる体制が欲しいとの要望もありました。

参加の各局、ありがとうございました。
提供はJA7DRJ 古川氏
 






「デジタルレピータ開局」のご案内


山形県2局目のデジタルレピータ開局しました。
かねてから準備中のデジタルレピータが開局しましたのでお知らせします。
コールサイン : JR7WS  名称は「山形高畠430」になります。
周波数    : DV 439.33 MHz
設置場所   : 山形県東置賜郡高畠町
運用開始日時 : 平成29年8月10日(木)

平成29年9月20日(水)よりインターネット接続が完了しました。
全国どこからでもアクセスが可能になりました。もちろんどこへでもつながります。
置賜地区にお住いの局は、ハンディ機で全国と交信可能です。ぜひご活用ください。

レピーターの稼働状況は こちらでご覧ください。
ID-51,ID-31などのハンディ機でも置賜一円は使えます。

24時間対応
オンエアされる場合は、自局のコールを無線機に登録してください。
また、D-STARサイトに登録をしていないとゲート越えができないことがあります。

近々、デジタルレピータの使い方の講習会を計画しております。
アナログ波は従来通り稼働中です。

提供はJA7DRJ 古川氏
                



「尾花沢クラブ・ダウンコンテストに参加」

日時:平成29年7月1日〜2日(日曜日)21時〜10時20分
運用場所: 尾花沢市銀山花笠高原で運用しました。
50〜430Mhzで運用130局とQSO
144M帯・430M帯共参加局数が少なく50M帯は、Eスポが余り出なくて局数が伸びませんでした。
お声掛け下さった各局有難うございました。
コンテストのQSLカードは、7月中にJARLに発送予定です。
=================
= ja7lox 田中 俊明
= 山形県尾花沢市
=================





山形CW愛好会の「第4回CW実技講習会」を開催しました

2017年5月27日(土曜)13時より、山形市の霞城公民館にて4回目CW実技講習会を開催しました。
レベルごとにA班B班C班の3班に分けてそれぞれJP7AAV.JH7XMZ.JP7BCLがつきっきりで指導しました
5月の3アマの講習会で免許取得された方も参加され非常に熱心な方で一気にレベルアップさせました

参加者:JA7DDK.JP7AAV.JH7XMZ.JP7BCL.JN7HJD.JA7OXI.JR7NJP.JH7OJE.JA7UIY.JM7AWY




「電波の日記念運用ー尾花沢クラブ」

日時: 5月28日(日曜日) 9時〜14時05分
運用場所: 北村山郡大石田町

アンテナを上げ運用を始めた時、雨に降られ雨漏りの中運用
2mのRIGにトラブル発生したがHF〜430Mhzまで運用150局とQSOしました。
15時までの予定でしたが、再度降雨の為14時頃撤収しました。

記念QSLカードは、6月中にJARLに発送予定です。
=================
= ja7lox  田中 俊明
= 山形県尾花沢市
=================




「記念局 8J7IHの開局式」

やまがた県南アマチュア無線クラブは南東北インターハイ記念局「8J7IH」の開局式を5月3日(水)に、米沢市の六郷コミュニティセンターで行いました。
式には来賓として、JA7OV高橋良信支部長と県全国高校総体推進課・長谷川課長にも参列いただき、ご祝辞を賜りました。
また、南陽クラブの皆さんも会場に駆け付け、開局式に花を添えていただきました。

開局式の後、さっそくクラブメンバーが記念局を運用し、全国のハム仲間から応答が殺到してパイルアップが続く中、4時間余りで、7MHzで166局、144MHzで63局、合わせて229局と交信することができました。

今後、大会までは競技予定会場で移動運用する他、県南地域の行事やイベントの会場でも記念局を公開運用して、地元で久しぶりに開催されるインターハイのPRに努めていきます。

次回の運用は、5/13(土)に川西町ホッケー場(地区高校総体会場)を予定しています。

やまがた県南アマチュア無線クラブ 事務局 JE7ROY(玉橋博幸)




「南陽市制50周年記念局「8J7N5O」の開局式」

4月22日南陽市文化会館において、南陽アマチュア無線クラブによる南陽市長、南陽市副市長、JARL山形県支部長をお招きし南陽市制50周年記念局「8J7N5O」の開局式を行いました。
会長挨拶に続き、白岩南陽市長の祝辞、県支部長の祝辞があり、続いて衆議院議員近藤洋介氏からのメッセージが紹介され、無線機のスイッチを入れる火入れ式ののち、大沼副市長による記念交信を行いました。
実は副市長、30年ほど前にはJA7HYWと言うコールサインで南陽クラブのメンバーとして活躍された方です。
数十年振りにマイクを握りCQを出し数局と交信してくださいました。さすが「昔取った杵柄」堂々たるオペでした。
副市長曰く、「議会答弁より緊張した」そうです。

その後一年間の活躍を願い一同ソフトドリンクで乾杯し閉会しました。
参列してくださった県支部の役員の方々ありがとうございました。
なお、4月22日現在の交信局数は954局です。

提供はJA7DRJ 古川氏



「記念局 8J7IH 運用のご案内」

平成29年度全国高等学校総合体育大会を記念するアマチュア局『南東北インターハイ記念局』の運用について
平成29年4月15日  やまがた県南アマチュア無線クラブ
代 表  澁谷 信行(JE7MNS)

目 的 
平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が宮城県・山形県・福島県の南東北三県を会場にして7月28日から8月20日まで 実施される。

特に本県では45年ぶりの開催となり、米沢市と川西町で「ホッケー男女」(7/29〜8/2)、南陽市で「ソフトボール男子」(8/5〜8/8)の各競技が行われる。

地元で久しぶりに開催される全国高校総体を記念したアマチュア無線局を開設し、無線を通じて本県での開催を全国に発信して大会開催を広く周知し、大会を盛り上げていきたい。

また、競技会場で記念局を運用して選手たちを応援すると共に若い世代にアマチュア無線の魅力をアピールする機会としたい。
南東北インターハイ記念局
呼出符号   8J7IH  「インターハイ」(Inter−High school)の頭文字から
開設期間   平成29年5月1日から平成29年8月31日まで

運用実施要領
1)運用場所
 @ 競技会場における公開運用(大会期間中)
 ・米沢商業高校ホッケー場、川西町ホッケー競技場、南陽市総合公園または向山公園ソフトボール場
 A 野外での移動運用(大会期間前)
 ・5/3に六郷コミセンで開局式を行い、その後10:00頃から運用を開始する
 ・大会開会まで、クラブ地域エリア内で移動運用を行い、大会をPRする(場所を検討中)
 ・大会閉会後に閉局式を行い、運用を終了する
 B クラブ会員宅からの運用・・・希望する会員の自宅から社団局無線機の持回りによる
2)運用周波数帯など
 ・ HF(1.9〜28MHz)50/144/430MHz オールモード
3)QSLカードについて
 ・ 大会記念のQSLカードを制作し、交信局に発行する
4)記念局の活用
 ・記念Tシャツを制作する他、記念局関連グッズを制作して公開運用や移動運用で活用する
5)備 考
 ・南東北インターハイ記念局の開設および大会名等の使用については、山形県の大会実行委員会に申請し、許可を得ております




デジタル(D-STAR)ロールコール

南陽クラブでは、デジタル機所有局の交流を目的としてロールコールを実施しています。
主に置賜地区になりますが、聞こえるところにお住まいの局はぜひご参加お願いします

デジタル電波の伝わり方を知る機会にもなります
時間  毎週月曜日   21時より
周波数 433.330MHz   DV   D−STARのみ C4FMについては対応しません
KEY  MAINKEY JA7FSP    SUBKEY  JA7DRJ 

   2018年3月31日まではこの時間に「8J7N5O」南陽市制50周年記念局がオンエアすることもあります
                      DE JA7DRJ



「記念局 8J7N5O運用のご案内」

南陽市市制50周年記念局の運用について
南陽市が誕生して今年で50年になる事を記念して南陽アマチュア無線クラブでは、記念局の運用をすべくかねてから
準備を進めてまいりましたがこのほど東北総合通信局から正式に免許が下りましたのでお知らせします。
運用主体    南陽アマチュア無線クラブ
後援       南陽市
コールサイン  8J7N5O えいと_じぇい_せぶん_えぬ_ふぁいぶ_おー、南陽と50を表しています
運用期間    平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
運用場所    南陽市内各地
運用周波数   1.9から430MHzまでのオールバンドの予定。その時のコンディションによる
運用モード   CW SSB FM DV
運用日     不定期 その都度お知らせします。Jクラスターにもアップの予定
その他     QSLカードは1WAYのみでJARL経由
        ゲストOPの対応については現在検討中(JARLの記念局ではなく南陽クラブの社団局のため)
         問い合わせ等は、jarl.comにてのみ受け付けます

運用責任者   JA7DRJ

聞こえていましたら是非コールお願いします





山形CW愛好会の「第2回CW実技講習会」を開催しました

2017年2月5日(日曜)13時より、山形市の霞城公民館にて2回目になりますCW実技講習会を開催しました。
全員で11名の参加となりマニュアル通りの教え方ではなく、実践重視の即戦力講習を行いました。
引き続き実践デビューまで徹底的にサポートさせていただきます。
敷地内に7メガアンテナを設営して全員に実際に交信をしていただき、また教室内での自己紹介も 電鍵で行っていただく事が出来ました。

参加者:JA7DDK.JP7AAV.JP7BCL.JH7XMZ.JG7KJY.JP7PLC.JF7BAO.JJ7KPM.JF7LHX.7K1MZE.JR7NJP




南陽アマチュア無線クラブが「アマチュア無線講座」を実施 

去る11月4日赤湯中学校で地域ふれあい体験講座というのがありました。
これは地域でいろんな趣味活動をしているグループに中学生がその中身を教えてもらうというものです。
例えば、短歌、フラダンス、空手、民話、生け花等さまざまな分野のグループが集まりました。
その中にアマチュア無線も入れてもらおうとお願いしたところ快く受け入れて下さり、実現しました。
アマチュア無線とはどんなものかを説明しました。

アマチュア無線は、電波法という法律によってきめられていること。免許を取るための方法。申請をして初めて電波が出せること。
無免許で電波を出すと法律で罰せられること。外国の人と交信ができること。交信した後は、QSLカードを交換したりすること。
CW,SSTV,などいろいろなモードがある事など。

一緒に行ったローカル局にアマチュア無線をしてのエピソードを話しました。そして実際に交信をしました。
その後実際にダイアル操作をして受信を体験しました。

最後にとったアンケートによると11名が初めてアマチュア無線を知ったそうです。
そしていずれは資格を取りたいと言う希望が書いてありました。

後日生徒が書いた感想文をいただきました。大勢の人が、アマチュア無線を初めてみて、興味を持ってくれたようです。
アマチュア無線をやっている我々は、当たり前のことですが今ではアマチュア無線を見かける機会も少なくなりこういった機会を作る必要があるようです。

初めての試みでしたが、アマチュア無線の存在を知ってもらっただけでも成果があったと思います。
これからどのようにして彼らの希望を叶えさせるかが大きな課題となります。

       南陽アマチュア無線クラブ  JA7DRJ




山形CW愛好会の「初心者CW講習会」を開催しました

2016年11月27日(日曜)13時より、山形市の霞城公民館にてCW講習会を、開催しました
全員で11名の参加となり、教科書通りの教え方ではなく、実践重視の即戦力講習を行いました
実践デビューまで徹底的にサポートさせていただきます

参加者:JP7AAV.JP7BCL.JA7DDK.JH7XMZ.JG7KJY.JH7OUD.JP7ITU.JF7BAO.JR7NJP.JR7LTT.JH7FTH




「山形CW愛好会」がスタートいたします

1、CW始めたいけど、どうすればいいのか分からない
2、勇気が出ない、誰かサポートしてくれないかな
3、CWマンはプライド高くて教えてもらいずらい
4、電波出して失敗したらみっともない

こういった声に答えるべく当愛好会はスタートいたしました

近く山形市内にて「初心者CW講習会」を計画しております

詳しくはこちらをクリックしてください →山形CW愛好会へ


「尾花沢クラブ・ダウンコンテストに参加」

平成28年7月2日〜3日の6mダウンコンテストにJARL尾花沢クラブは、いつものとおり尾花沢市銀山花笠高原に移動して参加しました。

準備段階から天候が悪く、50Mhzはヘンテナ、144Mと430MはGP、1200Mは設営を断念しました。
お声掛け下さいました各局有難うございました。
QSOして下さった局には、QSLカードを、一方的にJARLに発送します。

提供はJA7LOX 田中氏 





「尾花沢クラブ移動運用」

平成28年5月29日(日曜日)村山市富並の大谷地沼沼畔から電波の日記念運用を行いました。
運用周波数 7・18・21・24・50・144・430Mhz帯で運用しました。
今回は50Mが、開け多くの局と交信できました。
交信局数:約150局(QSLカードは、一方的にJARL送付します。)
運用コールサイン JA7ZPY/7 尾花沢クラブ 参加人数:8名+訪問者3名
石塚さん・伊藤さん親子の差入れ有難うございました。
当日は、風が弱く晴れ渡った良い天候の中9時半ころからの運用になりました。
今回、女子高校生の伊藤さん(JP7ONN)が、お父さんと見学に来られ、 入会希望と言う事でしたので、今後の運用でZPYから、YLさんの声が聞こえるかも。
今回も交信して頂いた方々には、電波の日の記念QSLカードをお送りします。
(JA7LOX 田中俊明氏 提供)