このページは投稿頂いた 山形県内のアマチュア無線に関するニュースや話題を掲載しています


「 8J7N5O 運用終了 」のお知らせ


昨年4月1日から1年間にわたる南陽市制50周年記念局「8J7N5O」の運用が3月31日23時50分頃3.5MHzにて終了しました。
総延べ交信局数  7235局
山形県内の延べ交信局数  286局
    (※いずれもハムログ上のデータから)

なんといっても各局からのコールが一番励みになりました。
またコンデションが上がらず思うように伸ばせなかったのは残念です。
免許されたすべてのバンドでAJDが完成できなかったのは残念ですがとりあえずすべてのバンドでの交信ができ喜んでおります。
コールしてくださる局があってこその記念局です。本当にありがとうございました。

最後に2017年は、 「8J7N5O」  「8J7IH」  「8J7HAM/7」と3つの記念局のコールが聞こえたと言う事は、山形県のアマチュア無線史に残る快挙と思っています。
今年はあるクラブが記念局の開設を準備しているとのことです。これを契機に山形の空から毎年記念局のコールが飛んでいく事を楽しみにしています。

記念局の運用をすることでクラブの活性化が図られます。今持っている社団局の呼出符号の変更だけで記念局の運用が可能になります。
意外とハードルは低いです。ぜひご検討ください。申請に関するノウハウはお問い合わせください。


南陽市制50周年記念局「8J7N5O」運用実施団体 南陽アマチュア無線クラブ 代表JA7DRJ 古川 源次





「 レピータ JR7WS アナログ波廃止 」のお知らせ


設置以来、約35年にわたり利用していただいたレピーターですが、昨年デジタル波を増設したことにより、その役目を終えましたので 次の通り廃止します。
長い間ありがとうございました。今後はD-STARのご利用をお願いします。

廃止型式  アナログ(FM) 439.86MHz
廃止日付  2018年4月7日
廃止理由  尾花沢市に439.86MHzのレピータ設置の予定があるため。

※JR7WS はD-STARのレピータ「山形高畠430」として稼働中です。
  周波数は、439.330MHz ,ネット接続済みで全国どこでも交信可能です。





「南陽アマチュア無線クラブ in 東北復興アマチュア無線フェスティバル」


3月11日、仙台市で開催された東北復興アマチュア無線フェスティバルに出展しました。
メインはジャンク販売でしたが、皆さん楽しみながらあさってくれました。
記念局「8J7N5O」の移動運用ですが、事前のPR(HFでQSOした時に当日144/430で交信してその場でカードを発行する)が利いたのかたくさんの局と交信できました。
また、私もQSOしたよと言う方も多く、お声をかけていただきました。
QSO時に会場でアイボールを約束した方も来てくださり、楽しいひと時を過ごすことができました。
開局したばかりのJA7YFB 仙台青葉430のD-STARも盛況で「1エリア」からきている局との交信等とても賑やかでした。
山形のDSTARもこんなに賑やかだったらと思ってしまいました。

おいでくださった皆さんありがとうございました。
提供は南陽アマチュア無線クラブ JA7DRJ 古川氏
 






「JR7WS 開局記念D-STAR講習会開催」


去る11月19日雪の降る中、南陽市の防災センターにおいてICOM(株)さんにおいでいただきD-STARの講習会を開催しました。
悪天候にもかかわらず地元置賜地区はもとより、山形、天童、庄内の他宮城や福島からの参加もあり、20名を超え盛会になりました。
JR7WS管理団体代表のJA7FSPの挨拶に続きJARL山形県支部長JA7OVさんからのご挨拶をいただきました。
話は立派な資料を基に、デジタル通信方式の概要、D-STAR利用の方法や注意点等を詳しく説明していただき、小学生から70代の方まで熱心にメモを取りながら受講しました。

その後質疑応答を行いました。また参加者の自己紹介を行い日ごろ交信している方とのアイボールQSOを楽しみました。

その他会場では、レピータリストの書き換えも行い、全員のリグに「山形高畠」のレピータがセットされました。
終了後のアンケートでは、デジタル機を持っているがまだデジタルモードでQSOした事が無い方もおられ、今回の講習をきっかけにオンエアするとの事でした。
すでにD-STARを楽しんでいる局からは県内各地区にレピータがあって相互に交信できる体制が欲しいとの要望もありました。

参加の各局、ありがとうございました。
提供はJA7DRJ 古川氏
 






「デジタルレピータ開局」のご案内


山形県2局目のデジタルレピータ開局しました。
かねてから準備中のデジタルレピータが開局しましたのでお知らせします。
コールサイン : JR7WS  名称は「山形高畠430」になります。
周波数    : DV 439.33 MHz
設置場所   : 山形県東置賜郡高畠町
運用開始日時 : 平成29年8月10日(木)

平成29年9月20日(水)よりインターネット接続が完了しました。
全国どこからでもアクセスが可能になりました。もちろんどこへでもつながります。
置賜地区にお住いの局は、ハンディ機で全国と交信可能です。ぜひご活用ください。

レピーターの稼働状況は こちらでご覧ください。
ID-51,ID-31などのハンディ機でも置賜一円は使えます。

24時間対応
オンエアされる場合は、自局のコールを無線機に登録してください。
また、D-STARサイトに登録をしていないとゲート越えができないことがあります。

近々、デジタルレピータの使い方の講習会を計画しております。
アナログ波は従来通り稼働中です。

提供はJA7DRJ 古川氏
                



「尾花沢クラブ・ダウンコンテストに参加」

日時:平成29年7月1日〜2日(日曜日)21時〜10時20分
運用場所: 尾花沢市銀山花笠高原で運用しました。
50〜430Mhzで運用130局とQSO
144M帯・430M帯共参加局数が少なく50M帯は、Eスポが余り出なくて局数が伸びませんでした。
お声掛け下さった各局有難うございました。
コンテストのQSLカードは、7月中にJARLに発送予定です。
=================
= ja7lox 田中 俊明
= 山形県尾花沢市
=================





山形CW愛好会の「第4回CW実技講習会」を開催しました

2017年5月27日(土曜)13時より、山形市の霞城公民館にて4回目CW実技講習会を開催しました。
レベルごとにA班B班C班の3班に分けてそれぞれJP7AAV.JH7XMZ.JP7BCLがつきっきりで指導しました
5月の3アマの講習会で免許取得された方も参加され非常に熱心な方で一気にレベルアップさせました

参加者:JA7DDK.JP7AAV.JH7XMZ.JP7BCL.JN7HJD.JA7OXI.JR7NJP.JH7OJE.JA7UIY.JM7AWY




「記念局 8J7IHの開局式」

やまがた県南アマチュア無線クラブは南東北インターハイ記念局「8J7IH」の開局式を5月3日(水)に、米沢市の六郷コミュニティセンターで行いました。
式には来賓として、JA7OV高橋良信支部長と県全国高校総体推進課・長谷川課長にも参列いただき、ご祝辞を賜りました。
また、南陽クラブの皆さんも会場に駆け付け、開局式に花を添えていただきました。

開局式の後、さっそくクラブメンバーが記念局を運用し、全国のハム仲間から応答が殺到してパイルアップが続く中、4時間余りで、7MHzで166局、144MHzで63局、合わせて229局と交信することができました。

今後、大会までは競技予定会場で移動運用する他、県南地域の行事やイベントの会場でも記念局を公開運用して、地元で久しぶりに開催されるインターハイのPRに努めていきます。

次回の運用は、5/13(土)に川西町ホッケー場(地区高校総体会場)を予定しています。

やまがた県南アマチュア無線クラブ 事務局 JE7ROY(玉橋博幸)




「記念局 8J7IH 運用のご案内」

平成29年度全国高等学校総合体育大会を記念するアマチュア局『南東北インターハイ記念局』の運用について
平成29年4月15日  やまがた県南アマチュア無線クラブ
代 表  澁谷 信行(JE7MNS)

目 的 
平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が宮城県・山形県・福島県の南東北三県を会場にして7月28日から8月20日まで 実施される。

特に本県では45年ぶりの開催となり、米沢市と川西町で「ホッケー男女」(7/29〜8/2)、南陽市で「ソフトボール男子」(8/5〜8/8)の各競技が行われる。

地元で久しぶりに開催される全国高校総体を記念したアマチュア無線局を開設し、無線を通じて本県での開催を全国に発信して大会開催を広く周知し、大会を盛り上げていきたい。

また、競技会場で記念局を運用して選手たちを応援すると共に若い世代にアマチュア無線の魅力をアピールする機会としたい。
南東北インターハイ記念局
呼出符号   8J7IH  「インターハイ」(Inter−High school)の頭文字から
開設期間   平成29年5月1日から平成29年8月31日まで

運用実施要領
1)運用場所
 @ 競技会場における公開運用(大会期間中)
 ・米沢商業高校ホッケー場、川西町ホッケー競技場、南陽市総合公園または向山公園ソフトボール場
 A 野外での移動運用(大会期間前)
 ・5/3に六郷コミセンで開局式を行い、その後10:00頃から運用を開始する
 ・大会開会まで、クラブ地域エリア内で移動運用を行い、大会をPRする(場所を検討中)
 ・大会閉会後に閉局式を行い、運用を終了する
 B クラブ会員宅からの運用・・・希望する会員の自宅から社団局無線機の持回りによる
2)運用周波数帯など
 ・ HF(1.9〜28MHz)50/144/430MHz オールモード
3)QSLカードについて
 ・ 大会記念のQSLカードを制作し、交信局に発行する
4)記念局の活用
 ・記念Tシャツを制作する他、記念局関連グッズを制作して公開運用や移動運用で活用する
5)備 考
 ・南東北インターハイ記念局の開設および大会名等の使用については、山形県の大会実行委員会に申請し、許可を得ております




デジタル(D-STAR)ロールコール

南陽クラブでは、デジタル機所有局の交流を目的としてロールコールを実施しています。
主に置賜地区になりますが、聞こえるところにお住まいの局はぜひご参加お願いします

デジタル電波の伝わり方を知る機会にもなります
時間  毎週月曜日   21時より
周波数 433.330MHz   DV   D−STARのみ C4FMについては対応しません
KEY  MAINKEY JA7FSP    SUBKEY  JA7DRJ 

   2018年3月31日まではこの時間に「8J7N5O」南陽市制50周年記念局がオンエアすることもあります
                      DE JA7DRJ



山形CW愛好会の「第2回CW実技講習会」を開催しました

2017年2月5日(日曜)13時より、山形市の霞城公民館にて2回目になりますCW実技講習会を開催しました。
全員で11名の参加となりマニュアル通りの教え方ではなく、実践重視の即戦力講習を行いました。
引き続き実践デビューまで徹底的にサポートさせていただきます。
敷地内に7メガアンテナを設営して全員に実際に交信をしていただき、また教室内での自己紹介も 電鍵で行っていただく事が出来ました。

参加者:JA7DDK.JP7AAV.JP7BCL.JH7XMZ.JG7KJY.JP7PLC.JF7BAO.JJ7KPM.JF7LHX.7K1MZE.JR7NJP