ご   挨   拶
(平成29年6月4日実施「山梨ハムの集い」での挨拶より
JARL山梨県支部長  藤森 千冬 (JA1UXC) 
 開会にあたり一言ご挨拶申し上げます。
 本日はお忙しい中を、天候にも恵まれ多数の会員の皆様のご出席を頂き、「ハムの集い」を開催できることに感謝申し上げます。  
 本日は来賓として、JG1KTC高尾義則会長、JH1LWP島田守康理事(関東地方本部長)をお迎えしました。後ほど高尾会長から「JARLの現状と取り組み」についてプロジェクターを使いながらお話しをいただけるとのことです。
 開催会場ですが、市川三郷町町民会館で長らく開催してきましたが、県立高校統合の影響で会場が使用できなくなり、今年はここ甲府市健康の杜「アネシス」での開催となりました。位置も県の中央部にあり、また中央高速甲府南インターにも近く交通の便は各段に良くなったかと思います。
 さて、今年度の行事予定ですが、来週の日曜日に開催される「第12回山梨コンテスト」、恒例の「ラジオ教室」は電波適正利用推進員協議会と一緒に今年度は3回の開催を計画、11月は県民の日記念行事公開運用、山梨地区非常無線通信コンテスト(規約一部変更予定)、来年2月には技術講習会を実施します。
 会員の皆様には、行事への積極的な参加をお願いするとともに、現在実施中の会員増強のための各種キャンペーンの内容をご理解いただき、山梨県支部会員の増強にご尽力いただくことをお願いし誠に簡単ではありますが挨拶とさせていただきます。


トップページへ