JA2IGY Beacon Station

JA2IGY

    JARL ビーコン(標準電波)・国際ビーコンプロジェクト ( IBP ) 局


Up Date 2022-10-18

*電波伝搬などの調査をおこなうために開設するJARLのビーコン局です。
   HF帯のビーコンは「国際ビーコンプロジェクト」(IBP)に加入しています

*周波数 
 HF帯  (国際ビーコンプロジェクト/IBP)
    14.100MHz 18.110MHz 21.150MHz 24.930MHz 28.200MHz  A1A
   運用は、IBPのルールに準じる (詳しくは、ここをクリック)

  50.01MHz A1A  , 1294.52MHz F2A  , 2424.82MHz F2A



Operation information /稼働情報
 
Section Status Remarks Up Date (UTC)
IBP / HF Beacon Normal Refer to notice. 2022-07-19
50Mhz (50.01MHz) Abnormal Refer to notice. 2021-09-13
1.2GHz (1294.52MHz) Normal 2020-11-28
2.4GHz (2424.82MHz *1) Normal 試験運用送信中 2022-10-17
         *1:記載周波数を長らく間違っておりました、申し訳ございません。お詫びし訂正申し上げます。
 Note

* 2022-10-15
10月15日(JST) 2.4GHz ビーコン局 試験運用送信中
長らく落雷で停波していましたが、電力部の入れ替えなどで普及しました。
尚、出力1wを満足せず 0.7〜0.8wで試験運用送信中です。

* 2022-07-16
The IBP beacon station JA2IGY restored on July 16th.
DC power supply was damaged by a lightning strike and was replaced.

7月16日9時(UTC) IBPビーコン局JA2IGYは復旧しました。
原因は落雷によるIBP無線機のDC電源破損で、交換しました。

* 2022-07-15
The IBP beacon station JA2IGY stopped transmitting.
This is urgent information. The IBP beacon station JA2IGY stopped transmitting at around 12:30 UT on July 15, 2022.
Currently under investigation

7月15日12時(UTC)頃 IBP BEACON IBPビーコン局JA2IGYが送信停止しました。
7月15日 12時30分頃 UT(世界標準時)にIBPビーコン局JA2IGYが送信停止しました。
現在調査中、落雷で停波した模様です。今しばらくお待ちください。


* 2021-09-13
50MHz beacon station JA2IGY morse code occasional abnormality.

50MHz JA2IGY ビーコン局 CW符号時々ミス発生中(不安定)。
  先日から時々CW符号発生装置が動作不安定になっています。 現在調査対応中で、場合により一時停波する場合があります。

* 2020-11-28
The IBP beacon station JA2IGY stopped transmitting.
This is urgent information. The IBP beacon station JA2IGY stopped transmitting at around 00:00 UT on November 26, 2011. Last time, the controller attached to the transmitter froze (ran out of control) and the station had been left transmitting at 24 MHz during transmission.
 We suspected it this time, too, and when I headed to the station house (shack) on the summit to check, We found that the cause of the trouble was completely different from the previous one, and that the power supply system inside the transmitter (internal power suppley) had failed and power was not being supplied to the circuit.
 Since the failure was internal to the transmitter, we determined that it was impossible to repair the transmitter on site, so we removed it and took it home.
Since the problem is that IBP transmissions are stopped, we are now setting up the one that was used before the current system to continue transmitting the radio waves.
With this temporary setup, the resumption of radio emission is scheduled for November 27th at about 9:30 UT (Universal Time) and is being restored. Until the current transmitter is repaired, transmissions will be carried out with this temporary operation in the old system.
 In the operation check, we are confirming the normal operation of transmission timing, frequency switching, transmission power, SWR, etc. at the site. We apologize for the repeated concerns.

先日11月26日00時(UTC)頃 IBP BEACON IBPビーコン局JA2IGYが送信停止しました。
 先日11月26日 00時頃 UT(世界標準時)にIBPビーコン局JA2IGYが送信停止しました。先回の停波の原因は送信機に付属しているコントローラの不具合でした。今回もそれを疑い、山頂の局舎(シャック)に向かい確認したところ、先回の原因とは全く違う原因のトラブルで、送信機内部の電源系(内部パワーサップライ)が故障して回路に電源が供給されない状況であることを確認しました。
 IBP送信が停止しているのは問題なので、仮復旧で電波の発射の継続を行っています。この仮セットアップにより電波の発射再開は11月27日 9時30分 頃 UT(世界標準時)となり復旧しました。
 仮復旧の動作確認では、送信タイミング、周波数切り替え、送信電力、SWRなど正常な動作を現地で確認しています。度々の心配をおかけして、申し訳ありません。

* 2020-11-17
In the accident, the carrier had been transmitted.
 On November 16, since 9:00 p.m., the IBP BEACON 24 MHz signal had been transmitted all the time. In the accident, the carrier had been transmitted. This accident caused interference and annoyance to stations receiving the 24MHz IBP transmission wave. We are sorry. Probably it happened due to a malfunction of its controller.
We are concerned that the same thing may happen in the future. We are planning to consult with the relevant organizations to take measures. If you find out that the JA2IGY is causing problems again, please contact us at the email address on this page. We are working on it now. Thank you.

先日11月16日21時(UTC)頃 IBP BEACON 24MHzの電波が送信しっぱなしになりました。
 状況としては、キャリアが出っぱなしとなる状況です。 24MHz IBP送信波を受信している局には、妨害を与えてしまい失礼しました。恐らくコントローラーの暴走が原因かと思います。
今後おなじような事が発生することを危惧しております。関係組織と相談して対策を行ないたいと思います。もし、受信状況の中でJA2IGYが、暴走して、各局にご迷惑をかけている状況が確認できましたら、このページに案内の連絡メールアドレスで連絡頂ければ有り難いです。現在、現地に向かい対応を行なっています。

* 2020-08-30
The latest information about IBP beacon is below.
 Some operators in Japan have reported that IBP beacon has recently been weak. We suspected that a certain system did not work well because of its degradation. This month there was record-breaking heavy rain and thunder in neighborhood. We inspected SWR on August 28,2020 and it did not show adequate number. We realized that connection part of the cable was damaged by water, so we changed coaxial cable quickly. The time we needed was between 8:10 and 9:15 (UT) on 28th. IBP beacon stopped during the time. After we changed coaxial cable, we checked less than SWR 1.7~1.8 of all frequency band. We then planned to know how much radiation power has improved so we asked local operators to report the receiving condition. According to their report, the signal power has increased to some degree, but compared to the time it worked well, the signal power still remains weak.
JA2IGY beacon has seemed to be weak compared to other international beacons since we started to operate a new system in September 2017. We has planned to clarify the radical causes. Today, on 29th August 29,2020, we changed current antenna into preparatory antenna, which is named type R600, made by Cushcraft Inc. As a result, we checked more than 10dB improvement of signal power on our signal receiving monitor. Now, we maintain less than SWR 1.7 of all frequency band about the operation of R6000. In order to change the antennas, IBP beacon stopped from 2:00 to 8:00 (UT) on 29th.

IBPビーコンの最新状況です。
 現在利用頂いているIBPビーコンですが、国内の局より、最近弱くなっている旨のレポートをもらうことがあり、当管理団体としても、何らかシステムの劣 化を疑っておりました。  今月は記録的な大雨と近隣に落雷を受けました。8月28日に調査したところ、SWRの計測値はあまり良くない値を示してまし た。ケーブルのコネクタ部には水が進入した形跡が確認されましたので、直ぐに同軸ケーブルの交換を行いました。
 交換作業停波時間はUTC 8:10から9:15 に行いました。 この時間は停波時間となりました。同軸ケーブル交換後は全バンドにおいてSWR1.7〜1.8以下の測定値を得ました。 どの程度の改善 が行われたか確認のためローカル各局に受信レポートをお願いしました。ローカル局のレポートでは、信号 強度は上がったものの以前の調子の良い時よも、低い強度である旨の内容でした。
 2017年9月からの新しいシステムでの運用以来、以前から他の世界各地のIBP局と比べJA2IGY ビーコンは弱いようでしたので、根本的な原因の 解明を予定していました。
今日、8月29日に予備の準備されたていたアンテナCushcraft社のtype R6000に取り替えを行いました。その結 果、当管理団体による受信計測では10dB以上の信号強度の改善が確認されました。現在R6000の運用はSWRは全周波数バンド1.7以下を確保してい ます。 この取り替え作業の為に、8月29日 UTCで2時頃から8時頃まで、停波を行いました。
 
* 2019-12-26
  An electric power company in our area announced that they are going to stop energy supply (scheduled power outage) for maintenance from 4:30(am) to 7:00(am) (UTC) on January 29th, 2020.
JA2IGY beacon has been working fine since we repaired its control cable several months ago. We hope that you utilize this beacon from now on.

 2020-1-29 AM4::30からAM7:00(UTC)まで電力会社メンテナンスによる停電の為、停波の予定。

* 2019-10-19
  On 10th October, transmission wave stopped again around 11 p.m. (UTC).
The cause was contact failure between the IBP controller and the transmitter. On 14th we changed the connection cable to a new one and conducted a connection test. The main cause seemed to be the connecting part about connector in the IBP controller.
We believe that we radically solved the problem which had caused unstable operation.
For a while, we will observe the situation after repair.

  10月10日、午後11時(UCT) 頃に再び停波しました。回復作業を行い10月14日午前9時(UTC)頃復旧しました。
原因は、IBPコントローラーと無線機間の接触障害で、接続ケーブルを新しいものに交換しました。しばらくの間、修理後の状況を観察します。

* 2019-10-01
 JA2IGY IBP beacon transmitter had been out of order from the morning of 23rd September to 9 a.m. ,29th (UTC) .
We know that the wave rarely stops because of the controll cable of the IBP transmitter.
We guess that the cause of the trouble is the same this time.  We grasped this situation on 29th and we restarted
transmitting wave at 9 a.m. of the day by repairing it temporarily. We are going to repair it radically at a later day.
This radio station is on the top of the mountain which is over 500 meters high. The road to it is a toll road and
is available only during the day. Therefore, we are sometimes slow to take action. We will notify about stopping
wave for repairing the transmitter on this website. We apologize for the inconvenience. 

  JA2IGY IBP 仮復旧  (恒久対応待ち) 、1.2GHz無変調不具合復旧。
 IBP送信装置のコントロールケーブルの不都合による未送信の現象がごくまれに発生することが確認されて
 いましたが、先日9月23日後半より9月29日の間、停波に陥りました。
 29日に現象を発見し、午後6時に応急措置を施しにて送信を再開しました。抜本的な修理は、後日に計画的に
 行う予定です。
 修理の為の停波は、事前にアナウンスさせて頂く予定です。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解下さい。

* 2019-09-23
         IBP 制御装置不具合の為、停波。
* 2018-12-05
         12月13日 電力会社工事での停電の為、停波予告。
* 2018-09-28
         9月26日18時 IBP 無線機 & 制御装置不具合の応急処置で復帰。
* 2018-09-24
         IBP調査中、1.2GHzは制御機器不具合で、復旧しました。
* 2018-09-11 09:30
         電力会社配電に落雷の為、停波していました。 09-11 am 08:35頃復旧。
         但し、1.2GHzのみ機器起動不良で現在無変調発射中、改修にはしばらくお待ち下さい。
* 2018-09-10
         停電中 /a power cut
* 2018-09-07
         1. HF帯ビーコン IBP
          9/4からの停波は、落雷のため一部破損、9/4 18:30頃仮復旧しました。
         2. 1.2GHz
          台風21号による停電の影響で制御不能となり、9/4 18:30頃復旧しました。

* 2018-8-17
         50MHzを除き、アンテナ系老朽化改修工事完了しました。
         尚、
         ・50MHzビーコンのアンテナ系改修の時期を諸般の事情で秋に変更しましたが
         改修に関係なく電波発射状況には直接的影響はございません
         ・改修にあたり、地元HAM局による無償の改修機材提供・改修作業と熱意ある
         ご協力で改修をしました。




・電波送出場所
  三重県伊勢市朝熊ケ岳  / PM84JL
JA2IGY_MAP









イメージ
   





併設無線局 (広域レピータ) / Repeater station   JR2WA
  運用周波数

          周波数 439.04MHz  1291.08MHz  2426.14MHz



・Operation information /稼働情報


Section Status Remarks Up Date  (UTC)
439.04MHz Normal
2020-11-17
1291.08MHz Normal
2020-11-17
2426.14MHz Stop 機器不良修理中
2022-10-17


・経過情報/予告など

  *2022-10-17 
      2.4GHzレピーター機器不具合の為停波しています。現在修理中です。

  *2019-12-26 予告。
              2020-01-29 13:30〜16:00の期間電力会社メンテナンスによる停電の為停波の予定。
               尚、439.04MHzは非常電源で運用。
  *2018-12-05  12月13日  電力会社工事での停電の為、停波予告
  *2018-10-29  1.2GHz 10/28 17:45 復旧  (PA AMP部基板パターン切れ、修復)
  *2018-10-25  1.2GHz、10/23頃より停波中、復旧までしばらくお待ちください。
  *2018-09-11 09:30
      電力会社配電に落雷の為、停波していました。 09-11 am 08:35頃復旧
  *2018-09-10
      停電中  /a power cut
  *2018-9-6
      台風21号の影響で9月4日より停電で、439.04MHz以外は停波していましたが
      9/5夜停電復旧し、レピーターは全て通常運用となりました。
  *2018-9-2
      439.04MHz・・・・  アンテナ整備完了し、9月2日より通常運用
  *2018-8-17
    ・アンテナ系老朽化改修工事完了しました。
    ・改修にあたり、地元HAM局による無償の改修機材提供・改修作業と熱意ある
      ご協力で改修をしました。
    ・2426.14MHz・・・・  長い間停波していましたが復旧。


このWebページは
JARLビーコン JA2IGY局管理団体が運用しております


アクセスカウンター