JARL渡島檜山支部の文書まとめ


2021/8/14

■8/29 非常通信伝達訓練について

OHB各局、おはようございます。
今年も添付ファイルの通り、非常通信伝達訓練を行います。
つきましては会員の皆様の参加を心よりお待ちしております。
尚、昨日、非常通信ボランティアの皆さんにメールを発出しましたが、こちらのフォームからの回答でもかまいません。

訓練
1 日時 令和3年8月29日(日)午前10時
2 場所 参加者の近くの避難所指定の公共施設、または公園、自宅など
3 方法 439.66MHzのレピータで情報を送る

反省会
同日午後1時より亀田交流プラザにて

通信内容 
@了解度
A現在位置(町名及び避難所名)、
B無線設備状況(ハンディor車載器)及びびアンテナ
C避難所の様子(あらかじめメモを作っておいてください)
・避難者の人 数男性○名、女性○名、うち子ども○名。
・特段に怪我や支援が必要とされる人数及び状況
・すぐに必要な物資など


参加の申し込みはこちら
非常通信伝達訓練の概要(pdf)
尚、この件について、8月16日(月)午前11時より、コミュニティFM放送「FMいるか」80.7MHzにて、PRいたします。お時間あれば、お聞きください。

本件照会は、佐々木 朗までお願いします。

佐々木 朗 JH8CBH
2021/8/15

■(終了)縄文特別局への寄付のお願い

OHB各局こんにちは。
縄文特別局の運営にご協力いただきありがとうございます。
この特別局に係り、カード作成等の費用の寄付のご協力のお願いです。
特別局については、支部予算や地方本部の予算は使えないことになっています。
つきましては、添付の通り、寄付を申し受けますので、賛同者される方は、添付文書に記載されているフォームより連絡いただければ幸いです。
寄付のお願いの文書(pdf)
佐々木 朗 JH8CBH


2021/8/23

■縄文特別局への寄付のお礼

佐々木です。OHB各局。こんばんは。
OHB:00159並びにOHB:00162でお願いしました縄文特別局開設に伴うご寄付の件ですが、予定金額を上回る志をいただきました。
現時点で、終了とさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。
QSLを中心に、有効に活用させていただきます。
尚、カードは2種類共に、既に私の所に届いております。
サンプルとして入手を希望される方は、当職へお申し出ください。

佐々木 朗 JH8CBH



2021/8/25

■8/25 イベント入会の申し込み手続き(入会金免除)

OHB各局、支部役員の皆さん、こんばんは。
支部大会で、JARLに入会すると入会金が免除になります。
でも、支部大会はできなくなってしまいました。
そこで、支部大会が中止になってしまったけれど、支部大会で入会しようと思っている人がいるのではないか。
北海道地方本部長を通して照会し、また、私が今日直接JARLの会員課とお話して、了解をもらいました。
もし、ローカルさんで、入会希望者がいましたら、「今がチャンスです。」と声をかけて、勧めてみて下さい。
イベント用の申し込み用紙に記入いただいて、集金し、まとめてJARLに送ります。
こうすると入会金免除です。
私が窓口になりますので、声をかけてください。
どこまででも行きます。
どうぞよろしくお願いします。
佐々木 朗 JH8CBH



2021/8/27

■8/27 監査指導のため事業所を回る

佐々木支部長の公約の5番目に「バンド内の監査指導を積極的に進める。」を示しました。 この具体化ということで、今日は、アマチュア無線を使っていると思われる運送事業所を同じく監査指導員の佐藤(JK8JZQ)さんと回りました。

(以下、計画文書)
令和3年8月23日
<担当者 佐々木 朗>

正しい電波の利用を呼びかける事業所周りについて

1 経緯と目的
昨年度、初めてガイダンス局を運用させていただいた。430MHz そして一部の145MHz では、仲間内(同じ事業所、同じ作業現場)のトラック、ダンプカーの交信が非常に多く、ほとんどコールサインの送出が見られず、指導をした。
指導した時は、それに従う局、無視する局、反発する局、閉局する局など、様々な対応が見られたが、翌日も同じことの繰り返しとなり、「コールサインを言う」という習慣が形成されていないことが分かった。
今後もがガイダンス局の運用は続けていくが、渡島檜山支部としては、もう一歩踏み込んで積極的に、電波の正しい利用を呼びかけていき、クリーンな電波環境を守 ることを目的に、渡島檜山管内のアマチュア無線を使っていると思われる事業所を回り、啓発活動を実施していく。

2 日時:平成3年8月27日(金) 13:00〜16:00

3 訪問先:(運送会社など5社)

4 方法:(1)総合通信局の「正しい電波の利用に関わるパンフレット」をその中の5事業所に渡し、電波の正しい利用の啓発を行う。

5 その他
(1)電波利用推進協議会より、費用弁償がされる。
(2)監査指導委員、佐々木、佐藤で回る。


2021/10/3

■10/3 縄文記念局の蔦屋書店での運用について

佐々木です。こんばんは。

JM8OTS松平さんの報告書(PDF版)を補足して書きます。

役員で押さえている当日の参加者は、

JA8IRQ ,JA8WXO, JH8CBH, JE8GNN, JE8LIM,JE8OGI,JE8XEA, JK8JZQ, JK8XBR, JL8LGW, JM8OTR,JM8OTS, JM8RBIです。

 来場については、だいたい私が予想した通りかという思いです。

 それでも十組程度は、足を運んでくれました。また、アイボールを兼ねて会場に来てくださった方もいました。

 大勢の参加者に囲まれての移動運用にはなりませんでしたが、その分アマチュア無線に何らかの形で興味を持って来場された方とゆっくりお話ができたことは成果だったと思います。

 何かやっていると近寄って来た方にアマチュア無線の電波の性質やどこまで飛ぶかまた、いくらくらいかかるかなどをお話して、次の講習会を目指してみようかなあという方が何組かいました。

 昔やっていて、機械はあっても、しばらく電源を入れていない。でも公開運用をやっていることを知り、ついつい来てしまった。再開局したくなってきたという方がいました。

 昔、父親が熱心にやっていて、その父親ももうおらず、無線機をどうしたらよいかという相談を持ち掛けてきた方がいました。

 アムールで公開運用の話を聞き、かけつけてくれた方も何組かいました。

 また、OHBにも流しましたが、北海道新聞の取材が入り、翌日の新聞の市内版に掲載されたことも成果かと思います。

 今回の公開運用は、「地道」なPRだったと思いますが、実施したことが結果に結びつくよう、今後もPR活動を続け、開局、再開局、また、講習会の受講に向けて取り組みを進めて参りたいと思います。

佐々木 朗 JH8CBH


Designed by CSS.Design Sample