支部HPのトップへ




このページのトップへ



令和3年4月6日

 JARL鳥取県支部長 JR3CDE 深坂 勝彦

 

 JARL鳥取県支部長になって6年目を迎えましたJR3CDE深坂勝彦です。自宅は旧鳥取市内にあり、アマチュア無線技士養成課程管理責任者資格があるJO4CVIのコールサインで固定局としてもオンエアしております。

 なぜ、3エリアのコールで鳥取県支部長に、といぶかる方がおられましょうが、前任のJH4PKQ黒田OMから立候補を持ち掛けられた時、4エリアのコールでOKと思い、JARLに書類を提出しました。ところが、JARLから「4のコールはQSLカードの転送会員で受け付けられません。JR3CDEが鳥取県支部の正員です。再提出してください」との連絡があり、無投票当選となりました。支部には、4エリア以外の正員が他にもおられます。他都道府県も同様です。その点は、よくご承知おきください。

 鳥取県支部は、会員数が300人を切っていますが、皆さんの努力で昨年度は会員数がわずかですが増加しました。少子高齢化は、JAのアマチュア無線界にも顕著に表れていますが、カムバックハムの発掘、ペーパーライセンス者の開局支援、養成講習会でのハム開拓など、皆さんとともに仲間を増やしたいと思っております。

  アマチュア無線は、キング・オブ・ホビーと称される趣味の王様です。電波を介して世界へ向けて発信、また受信・交信することを大いに誇り、挑み続ける鳥取県の皆さんの活躍を期待いたします。

 D−STARも運営しており、FT−8も楽しんでいます。皆さんと空の上でお会いできるのを心待ちにしています。

  以上です。

 

支部長あいさつ