新着情報

▶JA9コンテスト2019HF電話の部マルチOPマルチバンド, 電信の部マルチOPマルチバンド, 各福井県1位の賞状が届きました(Feb 13, 2019)。
▶第29回全国高等学校アマチュア無線コンテストマルチOP 7MHz部門の優勝の件で校長特別賞を受賞しました(Jan 16, 2019)。
▶Googleカレンダーを使って学校社団局が書き込めるアマチュア無線運用カレンダーを作りました(Jan 15, 2019)。
ふくい宇宙博(エンゼルランドふくい, 坂井市)にブース出展し、公開運用を行いました(Dec 8-9, 2018)。

電話・電信

7MHzを中心に、3.5MHzや21MHzなどのHFのほか、VUでも交信し ています。YLオペレーターも活躍しています。

詳細を確認する

衛星通信・デジタルモード

軌道計算プログラムを使ってアマチュア衛星を追尾し、衛星交信を行っています。また、デジタルモードで遠距離交信しています。

詳細を確認する

野外運用・ARDF

フルサイズのダイポールアンテナを設置した移動運用や自然の中に隠された無線機 を探索するARDF競技を野外で楽しんでします。

詳細を確認する

地域活動

地域活動(国際交流、宇宙博、ハムフェスティバル等)での展示や公開運用にて、アマチュア無線を紹介したり、福井高専のPR をしています。

詳細を確認する

福井高専アマチュア無線研究会の紹介

福井高専アマチュア無線研究会は福井高専の同好会です。本校旧電波同好会のコールサインJA9YDB(移動局)を引継ぎ、社団局(福井高専無線研究会)として2016年11月に活動を 再開しました。日本アマチュア無線連盟(JARL)の「学校等が開設す る社団局への会費助成」を受け、JARL福井県支部に属するクラブ局 (29-2-0002)となっています。現在は、固定局および移動局により、HFやVUの運用を行っています。

活動スケジュール(学校社団局アマチュア無線運用カレンダー)※クリック

■活動方針
個人局や社団局、高専や大学等のクラブ局との交流を通じて、無線交信技術の向上のみならず、福井高専の広報を行うとともに(規約 第2条抜粋),無線交信を通じて市民交流や異文化交流などの地域活動に積極的に参加し、協力する。