トップページ > 電信電話記念日コンテスト

電信電話記念日コンテスト

第29回コンテスト規約を掲載しました。今年は抽選で2局に「USBIF4CW」が当たります!!

目次:

ごあいさつ

はじめに

電信電話記念日コンテストには、毎回多くのご参加をいただき、主催者一同、心から感謝しております。昨年の第28回は日曜開催となり、ログ提出局数は過去最多の380局(一般部門:303局、NTT部門:71局、チェックログ:6局)でした。

今年の第29回は月曜開催となりますが、引き続き皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

第20回開催以降、多くの皆様からのご好評をいただいております副賞(USBIF4CW)は、これまで開発元のJG5CBR中茂氏のご厚意により提供していましたが、今回から本クラブ有志一同がドナーとなり、台数を2台に縮小させていただきます(紙ログは副賞対象外です)。

第27回に開始した電子版賞状・参加証は引き続き発行いたしますが、紙に印刷された賞状・参加証の有償配布サービスは希望者がいらっしゃらないため、昨年の第28回開催分をもって終了させていただきます。

なお今回、紙ログ提出時の送付先住所が変更となっておりますので、ご注意ください。

下記規約をご精読の上、是非本コンテストに奮ってご参加ください。

沿革・趣旨

電信電話記念日(10月23日)は、1869年の同日(旧暦では、明治2年9月19日)に、横浜から東京までの約32kmの区間に電信線架設工事が開始されたことにちなみ、1950年に当時の電気通信省が制定した記念日です。制定当初は電気通信記念日と称していましたが、1956年に現在の名称になりました。

日本の電気通信事業は、逓信省から電気通信省、さらに日本電信電話公社と引き継がれ、長らく官営事業として営まれてきましたが、1985年4月1日には日本電信電話株式会社(いわゆるNTT)が発足し、民営事業へと転換しました。

この電信電話記念日コンテストは、アマチュア無線も含めた電気通信全体の振興を祈念し、民営化2年後の1987年にNTT北陸アマチュア無線クラブ(JA9ZNT)が主催して第1回が開催されたもので、2008年の第20回以降はNTT横須賀通研アマチュア無線クラブ(JR1YRI)が主催を引き継ぎ、開催しております。

コンテスト規約および結果

*印: 賞状・参加証へのリンクあり (賞状・参加証に関するご案内)

開催回 開催日時 マルチリスト 規約および結果など
第29回 2017年10月23日(月) 18:00〜24:00 2014-07-22版 規約 受付状況    
第28回 2016年10月23日(日) 18:00〜24:00 規約 受付状況 結果 * レビュー
第27回 2015年10月23日(金) 18:00〜24:00 規約 受付状況 結果 * レビュー
第26回 2014年10月23日(木) 18:00〜24:00 規約 受付状況 結果 レビュー
第25回 2013年10月23日(水) 18:00〜24:00 2013-08-21版 規約 受付状況 結果 レビュー
第24回 2012年10月23日(火) 18:00〜24:00 2009-08-15版 規約 受付状況 結果 レビュー
第23回 2011年10月23日(日) 18:00〜24:00 規約 受付状況 結果 コメント集
第22回 2010年10月23日(土) 18:00〜24:00 規約 受付状況 結果 コメント集
第21回 2009年10月23日(金) 18:00〜24:00 規約 受付状況 結果 コメント集
第20回 2008年10月23日(木) 18:00〜24:00 2008-08-11版 規約 受付状況 結果 コメント集

第17回〜第19回のコンテスト結果はNTT北陸アマチュア無線クラブのページで公開しています。

賞状・参加証

電子版賞状・参加証

電信電話記念日コンテストでは、従来おこなってきた上位入賞局への紙媒体の賞状発行を終了し、第27回(2015年)開催から賞状を電子化しました。電子化された賞状は、当クラブのホームページで公開しているコンテスト結果のページからいつでも入手していただけます。また、電子化によって上位入賞局への賞状だけでなく、その他の参加局へ参加証を発行できるようになりました。下記のフォームへコールサインを入力するか、結果リスト中のコールサインをクリックすると賞状または参加証が表示されます。媒体はPDF形式ですので、Adobe Acrobat Readerがインストールされたパソコンなどで自由に確認・印刷していただけます。

賞状イメージ参加証イメージ


参加コールサインを入力して「発行する」を押すと賞状(または参加証)が表示されます。
電子版賞状イメージ 電子版参加証イメージ

電子版賞状、参加証は、結果発表の約1ヵ月後に入手できるようになります。

紙に印刷された賞状・参加証の有償配布 (第28回開催分のみ受付中)

※本サービスは、2016年の第28回開催分をもって終了させていただきます。

電子化された賞状または参加証を表示・印刷できない、紙に印刷された賞状を受け取りたい、などの場合は、有償で印刷してお届けします。発行に要する費用は賞状または参加証1枚当たり500円(送料を含みます)です。ご希望のかたは下記の要領でお申し込みください。

ログ提出

コンテスト規約の書類提出の項目もご参照ください。

提出締切日

提出締切日は2017年11月30日です。

提出方法

本コンテストでは、結果発表の迅速化のため、郵送で到着したログ書類についても、審査時に電子ログへ投入し、電子提出されたログ書類と合わせて、全ての審査を電子的に行っています。 提出された電子ログは、プログラムによって自動的に受け付けています。 JARL主催コンテストにおける所定の様式による電子ログ提出にご協力ください。

電子ログに関する補足

意見欄について

ぜひ、意見欄(電子ログの<COMMENTS>欄)で、電信電話記念日コンテストについてのご意見・ご感想をお寄せください。 お寄せいただいたご意見・ご感想は、コメント集として公開させていただくとともに、今後のコンテスト運営に活かさせていただきます。

また、有効な交信局数が10局以上のログ書類を電子ログで提出した参加局の内、副賞を希望する局の中から、抽選で2局へ「USBIF4CW」を贈呈します。 副賞希望局はサマリーシートの意見欄に、ご意見やご感想とともに「副賞希望」と明記してください。抽選は、有効な交信局数(チェクログ分も含む)10局毎に一口となる抽選口数制で行います。

zLog の設定と関連ファイル

コンテスト専用ロギングソフトウェア zLog の設定方法と、電信電話記念日コンテスト用ファイルを掲載しています。

NTT_CFG_DAT.zipファイルの内容:

NTT.DATファイルには現行化された市外局番データが含まれていますので、必ず最新のものをご利用ください

設定方法

電信電話記念日コンテストで zLog を使用する場合の設定方法については、zLog の設定方法をご覧ください。

最新の zLog CFG/DATファイル

過去の zLog CFG/DATファイル

お問い合わせ

電信電話記念日コンテストに関するお問い合わせには、お問い合わせフォームをご利用ください。


トップページ > 電信電話記念日コンテスト