(一社)日本アマチュア無線連盟・和歌山県支部ホームページにようこそ

Welcome to the JARL Wakayama web site.
歓迎各位来遊覧我門的主頁

  Mail to  jr3kuf(アット)jarl.com
       注: (アット)は@に置き換えて下さい。


 TOPICs   (Wave site add a postscript.) 

支部発行和歌山アワード 申請手数料無料
送料ご負担下さい。 定形外100g料金 現行 ¥140切手同封の事

和歌山アワードの申請の皆様に
和歌山アワードの申請先私書箱は1~2週間に
一度程度開封しています、従いましてアワードの
発行は最大3週間程度係る場合が有りますので
ご理解 宜しくお願いします。
HP記載日 内 容
2022/6/23 JARL和歌山県支部のメーリングリストで各種案内を差し上げています。登録ご希望の方は jr3kuf(アット)jarl.com までメール下さい。
       注: (アット)は@に置き換えて下さい。
2022/7/1 第34回和歌山コンテスト結果発表は下記 コメント集は ココ
入賞者の賞状は希望者のみPDFです。(7月末まで)
2022/7/19

次は支部一斉移動デーです。
移動される方も、移動しない方もお空でミーティングしましょう!

2022/7/26 CW&DXミーティグ のご案内
24MHzオンエアーミーティング のご案内
2022/8/5 支部役員を長期にわたり努められたJR3EQG 辻村 光司氏は5月にサイレントキーとなりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
2022/8/16 非常通信訓練計画をアップしました。今回は430MHzです。青い「非常通信訓練」を参照願います。
2022/8/25 8J3WL 開設案内
2022/8/28 8J3WL 開局式集合写真


The future QTC  = これからの行事のお知らせ =
8J3WL 運用スケジュール
8/27~ 支部役員で運用
8/31 海南市移動
9/2 24MHz常置場所
9/3 有田市移動
9/12~ JO3SET 東牟婁郡
9/19~ JO3MKL 東牟婁郡
9/26~ JF3DCH 新宮市
10/3~ JH3TBY 和歌山市
10/11~ JF3DCH 新宮市他
10/17~
10/24~ 支部で運用
10/31~
8J3WL 開設案内
運用期間 2022/8/27 ~2023/3/31
支部会員で運用希望者は jr3kuf(アット)jarl.com まで
非常通信のためのロールコール
 次回は2022年9月11日(日)20時~です。
日中は非常通信訓練がありますが、夜もやります。
24MHzオンエアーミィーティング
毎月第1・第3・第5金曜日20時~ 24.950± SSB
6mFMロールコールの無い週です。
 次回は2022年9月2日(金)20時~です。
2022/8/28 13:00~ CW&DXミーティング
和歌山市東部コミュニティセンター
2022/9/11 非常通信訓練
2022/10/30 和歌山ハム・ベンション(秋季)
(日時変更:和歌山JAZZマラソンで通行不可のため)
2022/11/6 テクニカル講座
2022/12/4 年末ハムの集い
2023/2/5 支部大会
CBT方式による受験で和歌山市と田辺市で3アマ・4アマの試験が受けられるようになりました。
https://cbt-s.com/examinee/examination/nichimu
で検索してください
2022/7/24 支部一斉移動DAY 終了しました
和歌山2mSSBグループ:護摩壇山 23日~
和歌山6mFMグループ:和泉葛城山 23日~ 来訪者
JF3DCHグループ:大台ケ原ドライブウェイ 24日9~15時
KANHAM2022 7/16 2500名、17 3000名が来場
堀江謙一さんの記念講演で盛り上がりました。 来訪者
8J3W150S 和歌山県誕生150年記念特別局は終了しました。9,697局の交信ありがとうございました。
運用期間 2022/3/21 ~ 2022/6/30
お問合せは JF3DCH 赤坂様(jarl.com)
2022/6/12 アンテナ製作講習会(24MHzアンテナ製作) は終了しました。マニュアルを公開します。参加者一覧
2022/5/15 和歌山ハム・ベンション(春季) は終了しました。 53局の参加者一覧
2022/4/29~5/11 8J3XXVI 和歌山県運用は終了しました。
総交信数は「1685」でした。データは地方本部へ送付しました
2022/4/3 第34回和歌山コンテスト 終了しました。

2022年2月6日4転送受付に代理を含め17名の方が、来訪しました。カードは同日ビューローへ送付しました

8J3SPKの運用は2022年1月31終了しました。

テクニカル講座(アンテナ製作講習会)終了しました。
スタッフ含め20名の参加でした。 詳細は ここ
組み立て説明書はVerアップしました。 ここ

2021/9/12 非常通信訓練
沢山の方の参加ありがとうございました。

2021/8/29 13時~ CW&DXミーティグ
・和歌山市東部コミュニティセンター 7名の参加でした

8J3OLYMPIC の運用は5/1~9/5まで運用しました。

1.9MHz SSBが解禁になりました。
1.9MHz A1Aの免許があればSSBに出ることができます。

和歌山市七番丁にD-STARのレピータが開設されました。+シフトですので、ご注意ください。右枠ご参照ください。

JH3YCD和歌山県支部クラブ局に新しく
IC-7300M。IC-9700が配備されました。
守って!電波のルール
The finished QTC = 終了した行事のお知らせ =
2021/7/25 和歌山県一斉移動
・和歌山2mSSB愛好会 田辺市護摩壇山
・JF3DCHグループ 新宮市田長谷(タヨゴダニ)林道の峠
・JARL和歌山県支部 紀の川市和泉葛城山



2021/7/22 和歌山コンテストの賞状の依頼分を発行しました。


2020/11/8 テクニカル講座


2020/10/17 8J3YAA アマチュア無線体験臨時局


2020/8/30 CW&DXミーティング

2020/7/22 和歌山市北部防災ボランティア無線チーム
情報伝達訓練を実施しました。
Tnx JA3NJV JA3EQC JA3RKG JI3CLD JL3KXSJR3KUF

8J3XXV 2020-APR-25 運用
8J3L130S記念局
日本トルコ友好130周年記念局
運用は終了しました。
JO3SET笠原 JO3MKL山本
支部報
総通とガイダンス局合同運用は過去の行事収録に移動しました



アマチュアバンドで業務通信もどきをしている
不法局を認めたら、電波法第80条による報告を!
第80条
無線局の免許人は、左に掲げる場合は、総務省令
で定める手続により、総務大臣に報告しなければ
ならない。
 1.省略
 2.この法律又はこの法律に基く命令の規定に違反
    して運用した無線局を認めたとき。
 3.省略
QTC wide


第34回結果 第33回結果


Campaign by JARL和歌山県支部
歌山県D-STARレピター局
和歌山市七番丁  Frequency: 434.36MHz
Callsign: JP3YJD Offset: 5MHz Shift: +DUP
有田川町     Frequency: 439.23MHz
Callsign: JP3YJC Offset: 5MHz Shift: -DUP
和歌山市橋向丁 Frequency: 439.47MHz
Callsign: JP3YIZ Offset: 5MHz Shift: -DUP
西牟婁郡すさみ町Frequency: 439.07MHz
Callsign: JP3YIU Offset: 5MHz Shift: -DUP
新宮市      Frequency: 439.01MHz
Callsign: JP3YIL Offset: 5MHz Shift: -DUP
串本町潮岬    Frequency: 439.27MHz
Callsign: JP3YIH  Offset: 5MHz  Shift: -DUP
田辺市槇山    Frequency: 439.49MHz
Callsign: JP3YIC Offset: 5MHz Shift: -DUP
有田川町     Frequency: 439.27MHz
Callsign: JP3YCV Offset: 5MHz Shift: -DUP
紀の川市   Frequency: 439.43MHz
Callsign: JP3YIY Offset: 5MHz Shift: -DUP
高野町    Frequency: 439.03MHz
Callsign: JP3YHN Offset: 5MHz Shift: -DUP
紀の川市西  Frequency: 439.39MHz
Callsign: JP3YJB Offset: 5MHz Shift: -DUP
 * 和歌山県下、非常災害時に活用するネットワーク構想の
 一つとなります。

無線ばかりしてないで、たまには運動したら・・

和歌山県は自然災害の多い県です。
 ☆ 日頃から防災対策に心がけ、準備しましょう。
 ☆ 災害時には自助努力の意識を持ちましょう。
 ☆ 我々は、あくまでもアマチュアですので、ご自身の安全、家族、
    友人、ご近所の安否をまずは大事にされ、その上で
    余力があるならば、無線を使っての社会的貢献を
    果たす状況に遭遇するかも知れません。
    でも、ボランティアですから、自分の安全を第一に
    決して無理はしないで下さい。我々は災害救助の
    プロではありません。
 ☆ 防災グッズにハンディ機を、そして電池の備蓄を。